今年のふぐの季節は新型コロナの影響でご宴会がキャンセルとなり食べ損ねた方も少なくないはずです。
そこで、もうしばらく、とっておきのアレンジをしてふぐの味をお楽しみいただきます。
毎年多くのお客様に楽しんでいただいている甚伍朗のとらふぐコース。
今年も益々、腕によりを掛けてご提供いたします。

甚伍朗のとらふぐコースは、「てっさ」と言われるふぐの薄切りと皮盛のお刺身から始まります。
皆さん、なぜ「てっさ」っていうかご存知ですか?
鉄砲のように当たると死んでしまう刺身だから「てっさ」というそうです。

2020とらふぐコースのご案内

このふぐの刺身のあとにふぐの唐揚げ、さらにはふぐの茶碗蒸しも自慢の味です。

さらにひれ酒もついて6,000円と他のお店ではちょっと考えられないお得なコースになっております。

あつあつのふぐの唐揚げ

あつあつのふぐの唐揚げ

ふぐの香がたまらない茶碗蒸

ふぐの香がたまらない茶碗蒸

一杯ずつついてくるひれ酒

一杯ずつついてくるひれ酒

甚伍朗ふぐの土鍋炊き込みご飯

甚伍朗ふぐの土鍋炊き込みご飯

お食事の締めはふぐを炊き込んだ土鍋のご飯です。
ふぐの香りが一段と楽しめる見た目にも、香りもそして舌でも楽しめる逸品に仕上げました。
5月末までの限定でご提供いたします。
2020とらふぐコースのご案内

もちろん、店主、藤方慶松は神奈川県が指定する「ふぐ包丁師」の免許を26年前からも持っており、だいたい毎年5~60本のふぐをさばいてご提供しております。

従って自信を持ってふぐを調理しておりますからご安心してお召し上がりいただいております。

2月9日は「ふぐの日」・・・この前後の今がふぐの旬です。

どうぞ、この機会に甚伍朗のふぐをお試しになってみてください。